富士通ESPRIMO WH77/M(WW1/M)レビュー

サイトマップ
富士通FMVパソコン比較購入ガイド 富士通 パソコン
富士通パソコンの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、富士通ESPRIMO WH77/M(WW1/M)を詳しくレビューしています。
富士通FMVパソコン比較購入ガイドTOP > 富士通 ESPRIMO WH77/M(WW1/M)レビュー
富士通ESPRIMO WH77/M(WW1/M)レビュー

富士通内覧会でESPRIMO WH77/M(直販モデルはWW1/M)に触ることができたのでレビューしたいと思います。

ESPRIMO WH77/Mレビュー
ESPRIMO WH77/Mは、PCとタッチパネル液晶(21.5インチ)が一体化したオールインワンデスクトップ。

CPUには第4世代Core i7、メモリは8GB、2TB HDDを搭載しているので、基本性能は高いですね。パイオニア製スピーカーを搭載しているので、サウンドにもこだわっています。

タッチスタイル
最大の特徴は、タッチ操作がしやすいよう、大きく傾けることができる点です。

液晶
上の指針の角度まで傾けることが可能。ここまで傾けられると、非常にタッチ操作しやすいですね。

液晶の最大解像度は1920×1080ドット。また視野角の広いIPSパネルを搭載しているので、斜め方向からでも表示をはっきりと確認できます。

キーボード収納
液晶の下部には突起があり、ワイヤレスキーボードを収納できるようになっています。

液晶
この角度まで傾けられるオールインワンPCは他にもありますが、このWH77/Mでは、省スペースで傾けることが可能。

傾ける
・キーボードを動かす必要がない
・傾けた状態でも、従来のPCと同じくらいの設置面積
・スタイルを変更する途中、一番奥の位置は変わらないので、壁にぶつかったりしない

という省スペース設計になっています。

スタンド
これがスタンドの構造。2軸構造になっており、スムーズな可変操作をアシストします。実際に傾けてみましたが、ほとんど力を入れることなく、軽く傾けることができました。これなら、女性や子供でも簡単にスタイルを変えることができると思います。

背面部
背面部もスタイリッシュなので、リビングの真ん中に置いても違和感なく使えますね。

ベース
使いやすいよう、端子類はすべて液晶部分ではなく、土台部分に配置されています。左側面部には、ブルーレイドライブ。

土台
背面部には、左からUSB 3.0×2、LANコネクタ、転倒防止フック、ケーブル固定用フック、電源端子が配置されています。

端子類
右側面部には、USB2.0、USB3.0×2、メモリーカードスロット、ヘッドホン端子、マイク端子が配置されています。
NFC
また、FeliCa対応のNFCを搭載しています。Suicaカードのチャージなどを簡単に行うことができます。

ホワイト
ホワイトのカラーリングのWH77/Mも展示されていました。

ESPRIMO WH77/Mレビュー
こちらはすべてホワイト。すごく洗練された感じです。

以上、 WH77/Mに触ってみた感想でした。まとめると次のとおり。

・液晶の角度を自在に変えられるオールインワンPC
・第4世代Core i7を搭載しており、パフォーマンスレベルは高い
・部屋の中のどこに置いても違和感なく使えるスタイリッシュなデザイン


WH77/Mは、角度を簡単に調整できるオールインワンPC。必要時応じてタッチ操作したり、通常の液晶として使用したりと、シーンに合わせて使い方を変えることができます。朝はお母さんがチラシをチェックしたり、昼はお子さんがお絵かきソフトで絵を描いたり、夜はお父さんがデスクトップスタイルで仕事したり、と1台のデスクトップでいろんな使い方をしてみたい人にお勧めです。

【468*60】ESPRIMO WH

お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

富士通FMVパソコン比較購入ガイド