富士通LIFEBOOK AH77レビュー

サイトマップ
富士通FMVパソコン比較購入ガイド 富士通 パソコン
富士通パソコンの購入・比較に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく説明しています。
ここでは、富士通LIFEBOOK AH77を詳しくレビューしています。
富士通FMVパソコン比較購入ガイドTOP > ノートブック > 富士通LIFEBOOK AH77レビュー
富士通LIFEBOOK AH77レビュー

富士通内覧会でLIFEBOOK AH77(直販モデルはWA2)に触ることができたのでレビューしたいと思います。AH77は、15.6インチ液晶を搭載したホームノートAHシリーズに属するノート。

FMV LIFEBOOK AH77レビュー
AHシリーズには、AH77の他に、AH90、AH56、AH53、AH42の合計5つのモデルが用意されていますが、AH77は次の表に示すとおり、その中でハイエンドに位置づけられています。

【AHシリーズの比較】

モデル
AH90
AH77
(WA2)
AH56
AH53
(WA1)
 
落ち着いたデザインのアクティブシニア向けノート
スタイリッシュなタッチ対応ハイスペックノート
タッチ対応ハイスペックノート
ハイスペックノート
カラー
シャンパンブラック
ブラック/ホワイト/レッド
ブラック/ホワイト
ブラック/ホワイト/レッド
液晶
15.6
最大解像度
1920×1080
1920×1080
1366×768
1366×768
タッチパネル
×
CPU
第4世代
Core i7-4500U
第4世代
Core i7-4712HQ
第4世代
Core i7-4702MQ
第4世代
Core i7-4702MQ
メモリ
8GB
8GB
(8/16GB)
8GB
8GB
HDD
1TB
1TB
(500GB/1TB/1.5TB
/1TBハイブリッドHDD)
1TB
750GB
光学ドライブ
ブルーレイ
ブルーレイ
ブルーレイ
ブルーレイ
重量
約2.8kg
約2.5kg
約2.6kg
約2.2kg
レビュー
 
直販サイト

(*括弧内は直販モデルでカスタマイズ可能な項目)

[スポンサーリンク]

下位機種であるAH56と比較すると、液晶の最大解像度が高く、より音質に優れたパイオニア製スピーカーを搭載しているという特徴があります。さらにAH77は、日本の工場で製造された「Made in Japan」製品であり、高い品質を実現しています(他のAHシリーズのモデルは海外生産)。

CPUには、高速処理と高いグラフィック性能を備えたクアッドコアCPU、第4世代インテル Core i7-4712HQプロセッサーを搭載。メモリは8GB、HDDは1TBとなっています。またブルーレイディスクドライブも搭載しているので、高画質の動画・写真の視聴や保存も可能です。

天板
天板には光沢加工が施されています。

底面部
底面部もすっきりとしたデザインになっています。一般的なホームノートの場合、底面部までデザイン面での気配りがなされていないモデルが多いのですが、AH77では、見られることを意識したつくりになっています。360度どこから見ても美しいデザインなっているのがわかります。

取り外し
こうしたデザインになっていると、バッテリやメモリの交換ができないと思ってしまいますが、担当者の方に話を聞くと、底面部の端の部分を取り外すことができるとのこと。

底面部とりはずし
留め具を外して現れる 、この部分のネジをドライバで外せば、底面部を覆っているカバー全体を取り外して、バッテリやメモリの交換作業を行うことができるそうです。

カラーリング
AH77には、ブラック/ホワイトの2つのカラーリングが用意されており、こちらはホワイトのモデルです。

液晶
液晶は15.6インチのタッチパネルを搭載。

高精細最大解像度は1920×1080ドットのフルHD対応。実際に画面を見てみて、すごく精細感が高く、表示が綺麗だと感じました。フレームの幅も狭く、すごくスタイリッシュ!

また、指紋や汚れが目立ちにくい「サラサラコードディスプレイ」を採用しています。

Dragontrail
液晶画面には、傷がつきにくい旭硝子のDragontrailという高強度強化ガラスを搭載。一般のガラスに比べて約6倍の強度アップを実現しているそうです。

強化ガラス
展示場所の横には、このDragontrailの強度を示す展示もありました。

レビュー
この透明のケースの中にDragontrailが収められており、上に出ているレバーを強く押しても、Dragontrailはたわんで衝撃を吸収します。なるほど、これだけ強度があるんだ。

スリム
薄さは23.8mm。無茶苦茶薄い!というほどではありませんが、従来の15インチノートの分厚さを考えれば、かなり薄いと思います。これなら持ちやすいし、何よりもスタイルが野暮ったくなくて格好いいです。

あとAH77はタッチパネル搭載モデルですが、液晶をタッチしたときに液晶部分がぐらつかないよう、ヒンジには可変トルクヒンジを搭載しており、液晶をしっかりと固定してくれます。

また通常のノートでは片手で液晶を開こうとするとキーボード部分まで一緒についてくるので両手を使う必要があるのですが、このヒンジのおかげでAH77の場合、片手ですっと液晶を開くことができます。この操作は頻繁に行うので、片手で簡単に開けるのはかなり便利です。

左側面部
左側面部。写真右から順に、マイク/ヘッドホン共用端子、USB3.0×2、HDMI端子、排気口、LAN端子が配置されています。

右側面部
右側面部。写真左から順にUSB 3.0×2、光学ドライブ、電源端子が配置されています。


キーボードはテンキー付きとなっているので、数字を入力する際に重宝すると思います。

セパレートタイプ
それぞれのキーが独立したセパレートタイプを採用。キーの真ん中が窪んでいるデザインになっているので、指の収まりがよく打ちやすいと思います。富士通のPCはキーボードにこだわっているので、長時間入力していても楽なんですよね。

タッチパッド
タッチパッドは、クリックボタンと一体になったタイプを搭載。

パイオニアスピーカー
AH77では、パイオニアと共同開発したスピーカーを搭載しており、音質にもこだわっています。

持ったところ
担当者の方にAH77を持ってもらいました。

スリム
A4サイズノートなのに、すごく薄くて持ちやすいのがわかります。

デザイン
底面部まで気を遣ったデザインになっているので、持ち運ぶときもスタイリッシュです。

なおAH77では、HDDプロテクション機能を搭載しており、万一落下させた場合でも、HDDの磁気ヘッドを退避させてデータを保護できます。この薄さ/重さなら持ち運ぶ機会も多いと思うので、この機能の存在はうれしいですね。

FMV LIFEBOOK AH77レビュー

【まとめ】
以上、LIFEBOOK AH77を触ってみた感想でした。まとめると次のようになります。

・底面部まで気を遣ったスタイリッシュなデザインを採用
・第4世代インテルCore i7プロセッサ搭載により高い基本性能を発揮
・精細感に優れた15.6インチのタッチパネル液晶を搭載
・使いやすいキーボードを搭載。長時間入力作業を行ってもストレスがたまらない


このように、LIFEBOOK AH77は、デスクトップ代替レベルのパフォーマンスを発揮できる15.6インチノートです。デザイン性に優れているので、リビングに置いても違和感がありません。高いパフォーマンスを備えた、スタイリッシュなA4ノートをお探しの方にオススメです。

富士通 FMV LIFEBOOK AH

[スポンサーリンク]
お得なセール実施中!

富士通PCのお得なセール実施中!詳しくは、富士通セール詳細ページ icon(富士通公式ページにジャンプします)を確認してください。

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

富士通FMVパソコン比較購入ガイド